新型コロナウイルスに関して

*本ページに掲載している内容は、2021.02.19時点の情報です。

現在の難しい環境で、海外での経験を夢見ている方、実際に留学を検討中の方におかれましては、とても不安な思いをなさっている方が多いことと存じます。

I.F.Uでは、英国本部や海外の提携大学と密接な連携を取りながら、現地の情報を日々収集しております。

ご不明な点やご相談等ありましたら、どうか遠慮なくお問合せくださいませ。


ファウンデーション・コースが実施されるバンガー市(英国ウェールズ)は、感染者数も少なく※1、ニュースで広く報道されているロンドンとは様子が違い、安全な雰囲気にあります。

※1 1週間あたりの感染者数(2021年2月5日~11日)を比較。
バンガー市のあるGwynedd州は76名、ロンドンを含むGreater Londonは10881名と、
約143倍の差がある(2021年2月11日時点、BBC発表の情報)

                   ファウンデーション・コース教員より    

政府の感染予防措置・方針に従い、皆さんの安全を最優先に、コースを問題なく修了できるよう、万全の対策をとっています

オンラインでの受講となる場合もありますが、ファウンデーション・コース中はホストファミリーとの暮らし、学部進級後は寮の仲間やフラットメイトとの生活から、英語・異文化に十分触れられる環境を整えています!

全世界皆が同じ状況下に置かれており、そのような中で、いかにポジティブに進んでいくのかが大切かと思いますが、学部進級生たちはこの状況で縮こまるどころか、生き生きと学生生活を送っており、こんな状況だからこそと、人の役に立つようボランティアをしたりと、感心しています!


      大学学部へ留学中の学生より       

全ての授業はオンラインで行われています。もちろん対面授業の方が好ましいですが、オンラインに移行後はほぼ全ての授業がライブでの授業後にその授業の録画がアップロードされるので課題の前や復習にとても活用できており、そこはオンラインの利点だと思います。

コロナ禍では不要不急の外出はせず、オンラインで授業を受け、ソサエティーにも参加をして変わらず友人と交流を図っています

大学ではStudent Union (学生連合)によるメンタルサポートや学習サポートなどがたくさんあり、困難な状況の中でも前向きに頑張っていこうという姿勢に刺激を受けました。

Bangor University,  Film Studies and History在籍


       大学学部へ留学中の学生より     

多くの授業がオンラインで、録画授業配信、ライブセッションを組み合わせて行われます。録画授業は毎週更新され、自分の好きな時間に何度でも見られるので、その点はオンラインの利点です!ライブセッションではその場で質問が可能で、対面の時とほとんど変わりありません

大学内では今、大変な時期だからこそ、積極的にボランティアをしようと新たなことへの挑戦がより盛んに推し出されています。私も実際2つのボランティアに参加しています。大学でそのチャンスがあるので、これからも閉鎖的にならず挑戦していきたいと思います

Bangor University, Social Policy/History在籍


                  大学学部へ留学中の学生より     

僕の住んでいる英国バンガーは、感染状況は平穏ですが、政府の規制などはあるため、住む環境、誰と住むのかが英語の学びの面ではより大事になってくると思います。逆に言えば、感染面に配慮しながらも、周りに人がいるような環境さえ作ることができれば、英語力が伸びる可能性は十分にあると思います!

僕の学部の場合、全ての授業に、pre-recording と呼ばれる、予習のためのビデオがついていて、授業前にそれをみて、その内容について授業中、先生が、さらに深い内容を説明したり、ディスカッションやそれについての問題を考えたりします。

同じコースを受講している友達と、授業中にチャットや通話モードを使って授業の内容を話すこともありますし、スポーツクラブなどにも通い、新たな友達とスポーツを通して知り合うことができました。

しかし、もっとも大きな存在となっているのは同じ寮に住んでいる友達です。オンライン授業である分、より多くの時間を寮で過ごすので、寮の友達とは毎日たくさん話しています。僕の場合は、時々寮の友達と食事をしたり、洗濯や買い物に行くこともあり、もうある意味、家族のような存在になっています

Bangor University, Business and Marketing在籍


新型コロナウイルスとどのように付き合っていくか。

閉塞的にならず、現在の環境で自分には何ができるか、を考えて動き出す方も増えてきている今、

3年後、4年後の未来像を想像してみてください

将来のために行動をはじめる学生のため、

スタッフ一丸となってサポートします!

英国、アイルランド、米国大学正規入学