短期留学・大学プログラム

英国立バンガー大学日本研究所およびダブリン大学トリニティカレッジ教養学部共催、大学直属の語学研修

英国は英語教育の最先端です。またこのプログラムを主催するバンガー大学日本研究所は、アイルランド国立ダブリン大学トリニティカレッジの教養学部(ファウンデーションコース)を併設しており、日本人学生に世界トップクラスの大学で通用する英語力を習得させるノウハウを持っています。日本人の英語学習の弱点を熟知した経験豊富な教員による多彩なプログラムで、短期間ながら充実した、かつインテンシブな語学研修ができます。
豊かな自然と数々の世界遺産に囲まれた学研都市バンガーで皆さんの英語力をブラッシュアップして下さい。

所在地:英国北ウェールズ・バンガー市

運営:バンガー大学およびダブリン大学トリニティカレッジ教養学部共催

滞在先:ホームステイ

日程:3週間のプログラム(例年8月末~9月20日前後まで)

※研修の様子を動画でご覧ください(6分20秒)
バンガー市長から日本の学生さんへビデオメッセージ
英国の先生から日本の学生さんへビデオメッセージ

短期留学お問い合わせフォームへ

<夏期語学研修プログラムのパンフレット>
※画像をクリックしてください

バンガー市からのメッセージ
 img_mayor

Bangor is a small, friendly City with a static population of 13,500 that is enhanced by afurther12,000 University students during the academic year. You will find our people to be warm and welcoming.
I am delighted to support the Institute of Japanese Studies in welcoming prospective students to our City of Bangor. I hope many of you will consider coming to study at Institute of Japanese Studies Short course and at our University. I can assure you that you will be very well looked after by the Institute of Japanese Studies and by your host families.

Jean Foryth, 90th Mayor of Bangor

バンガーは定常人口13,500人、大学の学期中は12,000人の大学生によって人口が増える小規模な親しみのある町です。バンガーの市民がみなさんを温かく迎えてくださることに、きっと気づくでしょう。新しい学生を迎え入れる日本研究所をサポートできることを大変嬉しく思います。多くの学生が日本研究所の短期プログラムおよび私たちの大学で学ぶことを考えていただけるのを願っています。日本研究所やホストファミリーの皆さんが、親身になって尽力してくださることを、私はここに保障します。

第90代 バンガー市長 Jean Forsyth

バンガー大学学長からのメッセージ
img_vice-chancellor

Bangor is situated in an area of outstanding natural beauty and there is a very special atmosphere in this student city.  Bangor is a safe and friendly place to live. Crime rates are amongst the lowest in the UK.  We are very proud that our Welfare and Student Services were recently rated the best in the country.  Our first foundation course was created especially for Japanese students, so we particularly welcome students who have attended the Institute of Japanese Studies summer course and then return to Bangor for their degree course.

John Hughes,  Vice-Chancellor

バンガーは壮大な美しい自然のある地域に位置しています。そして、そこにはまさに学生の街と言えるような非常に特別な雰囲気があります。バンガーは安全で親しみやすい街です。また、犯罪率においては英国内では最も低いといわれています。福祉、また学生へのサポートにおいては、最近英国で一番であるという評価を得、我々は非常に誇りに感じています。バンガー大学における最初のファウンデーション・コースは、日本人学生のために特別に設立されました。私たちは、日本研究所の短期研修(サマーコース)に参加し、専門課程を学ぶためバンガーに戻ってくる学生を特に歓迎します。

バンガー大学学長 John Hughes

 

 多彩な授業プログラム
英国の文化とマナー  バンガーについて  英国の生活の変遷
 ウェールズ語入門  リスニング・発音  ライティング
Active English(会話)  劇(ドラマ)  ディスカッション
英文学講読 ビジネス論 メディア論​
バンガー大学との面会
フィールドトリップの観光地について
3週間という限られた期間に英語力を伸ばす授業だけでなく、大学生ならではのアカデミックな内容まで、アクティブで多彩な授業プログラムが用意されています。

授業を担当する教員は、バンガー大学の他、ダブリン大学トリニティカレッジ・ファウンデーションコースの教員6名程度がそれぞれの専門分野を指導します。このような担当教員の豊富さは大学直属のプログラムならではのものであり、他の語学学校が行う短期語学研修では通常不可能なものとなっています。

単に授業を受けるだけではなく、例えば「ビジネス論」の授業では、実際に近くの複数のスーパーマーケットに行ってどのような経営の工夫がなされているかをリサーチして発表し合います。また日本の大学で学んでいる専攻に関連した施設等を見学・訪問する等、柔軟なプログラムが可能なのも大きな魅力です。

 

大学直属の優秀で豊富な教員陣
 img_teacher_02  img_summer-univ_t08  img_teacher_03
 img_teacher_01  img_teacher_05  img_teacher_07
 img_teacher_06  img_teacher_09

​ ​

 「ビジネス論」で実際に
フィールドリサーチ
「メディア論」で英国の新聞を
比較分析
img_class_business img_class_media_01
 バンガー大学学長
との面会
修了式にて
バンガー市長とともに
img_meeting-vice-chancellor img_closing-ceremony_2

 

時間割の例
img_class-schedule_b
 一般的に語学学校のサマープログラムでは、授業は午前中のみで昼は自由時間のようなプログラムがほとんどですが、この研修プログラムは、大学の教養学部直属のため、午前だけではなく午後にも授業やアクティビティが組み込まれ、教員やスタッフが熱意をもって学生の皆さんを指導します。

 

​​

img_students_01 img_students_02
img_students_03 img_students_04
 質の高いホームステイ
 img_hostfamily_b
 ホームステイはリスニング力および会話力を伸ばすのに最適な手段です。このプログラムで使用するホストファミリーはすべて長年日本人学生を受け入れている経験豊富な家庭ばかりで、温かく迎えてくれ、週末等もファミリーとふれあう時間を多くとってくれるので、授業以上に英語でコミュニケーションができる最良の機会となります。

 

世界遺産等をめぐるフィールドトリップ
  フィールドトリップでは、事前に授業で訪問先の歴史的背景等について学び、現地でも課題を解きながら観光することで、文化や歴史の理解を深めます。
img_ftst_01 img_ftst_02
img_ftst_03 img_ftst_04
img_ftst_05 img_ftst_06

研修中の生活について

 研修中の生活について
平日の昼食は各自で自由にとります。プログラムを実施する教室はバンガーの中心部にあり、容易にパンやその他の食べ物を購入したり、店の中で食べることが可能です。

期間中はホームステイ先から各自バスあるいは電車で通学します。交通機関もシンプルでわかりやすく、ホストファミリーもサポートしてくれるので安心して通学できます。

このように通学や昼食の買い物等を自分ですることは、英国で自らの力で生活しているという意識を持つことができ、英語力だけでなく精神面でも大きく成長することができます。

 

 参加した学生さんの声
 濱村 駿介さん
愛媛大学 3回生
img_voice_02

授業・フィールドトリップ・ホームステイ、全てがとても充実している大満足のプログラムでした。

慣れない地でのホームステイは最初不安もありましたが、ホストファミリーの優しさに触れ、肌でイギリス・ウェールズの文化・人柄を感じることができました。

語学の壁を懸念する学生も多いかもしれませんが、僕はその域を越えた生涯忘れられない時間をウェールズで過ごすことができました。
是非もっとたくさんの学生にこの感動を体験してほしいです。

 林 更紗さん
神戸大学 1回生
img_voice_01

 語学力アップ、人としての成長、英国の素晴らしい自然・文化。3週間でこんなにも多くのことを実感できるプログラムに参加できて最高でした!

授業は少しハードでしたが、大学の先生の熱心な指導で充実の毎日!

ホストファミリーは本当の家族のように受け入れてくれて、初日はほとんど英語を聞き取れませんでしたが、優しく話かけてくれて気がつくと自然と会話もできるようになって感動!

個人参加だったので最初は不安もありましたが、日本人スタッフの方々が親身にサポートをしてくれて、大変安心でした。

日本では決して経験できない、かけがえのない宝物がこのプログラムにはたくさんあると思います!英国に家族と故郷ができました!

皆さんもこのプログラムで勉強し、もう一つの故郷を作ってください!!

 他の学生さんの声

 ホストファミリーと過ごす時間はとても貴重です。「伝える」というのはとても難しいですが、根気よく挑戦することが重要だと思います。違う文化に触れることで、無かった感性を持てるようになります。人々の優しさ、自然をぜひ体感すべきだと思います。本当に参加してよかったです。

 3週間という非常に短い間でしたが充実したものでした。授業では、先生方が生徒全員に理解できるように気を配ってくださり、とても良かったです。ドラマの授業などは、普通の大学では絶対学べないような、ジェスチャーのやり方・発声を楽しく学ぶことができ、とても貴重な体験になりました。フィールドトリップでは、歴史的な建物から国立公園まで様々なジャンルの場所に行きました。どれも日本とは規模が違うので感動の連続でした。

 今回の研修では自分の英語力の向上を感じることができたと思います。最初はカタカナでしか話すことの出来なかった英語が少しはましになった気がします。それはこのBangorでの暮らし、学校での授業、何よりホストファミリーとの会話のおかげであると思います。この研修で何回も言われたのは、「英語は話さない限り絶対に上達しない」ということです。どんなに拙い私の英語でも理解しようと必死に耳を傾けてくれたホストファミリーのおかげで、自分の意思を伝えようと頑張ることができました。

 ホストがとても優しく、本当に体験してよかったと感じています。ホームステイをしなければ気づけなかった人の優しさ、温かさを知ることができました。また自分に少し自信がつきました。

詳しくはお気軽にご相談ください。

短期留学お問い合わせフォームへ