プログラム・授業について

大学への正規留学生は通常、学部進級認定前の1年間、現地で教養課程(ファウンデーション・コース)を履修します。その期間で、専門課程において成功する為に必要とされる基礎専門科目の履行や種々の学習技術の取得及び英語力の強化を図ります。

大学の専門課程では、英語を母国語とする学生達と同条件のもとで学位取得をしなければなりません。トリニティ・ファウンデーション・プログラム(Trinity Foundation Programme) のシラバスはこのことを前提としており、大学から与えられたシラバスに基づいて、基礎専門科目(2~4科目)を取り入れながら構成されています。

ファウンデーション・コースの内容は大学によって多少異なります。以下はダブリン大学トリニティカレッジの例です。

 Term 1  8月下旬~12月中旬を予定
渡英後のはじめの3週間は、短期英国研修として国内大学から参加している日本人学生との合同授業となり、現地での勉強及び生活に慣れることに重点を置いた授業が展開されます。英語教科のほか、演劇やメディア学、社会学、現地学生を交えたディスカッション、ウェールズ語レッスンなどを行うとともに、午後や週末には世界遺産の城をはじめ、美しい自然と建物に囲まれた歴史ある観光地を訪問します。

3週目以降は、英語の強化に重点を置いたカリキュラム。課題がほぼ毎日課されます。毎ターム、1,500-2,500wordsのプロジェクトが課されます。

 img_tfp-course_01
Trinity Foundation Programme は英国・北ウェールズのバンガー市で実施します。滞在中は日本人受入れ経験豊富で、当プログラムの主旨を理解する協力的な家庭にホームステイします。授業カリキュラムでの英語力強化だけでなく、ファミリーの中で家族の一人として生活することで、リスニング力および会話力を1 年間で飛躍的にアップさせることができるとともに、積極的にコミュニケーションをとろうとする態度と自立心を養うことが出来ます。
   img_ftp_hf_02

 

 Term 2  1月上旬~3月中旬を予定
当コースで指定されたスペシャルサブジェクトの履修を開始し、アカデミック・イングリッシュに焦点をあてます。

専門課程にて必要なスキルを学びます。プレゼンテーションは定期的に行われ、観衆前で論理的にスピーチをする力を養います。ノートテイキングでは、講義中に無駄なく要点をまとめる、ノートのとり方を学びます。

専門課程に入ると、提出物・試験はほぼエッセイ形式になるため、それに備えて正しいエッセイの書き方を徹底的に学びます。

定期的に課題を提出します。

冬休み(12 月中旬~ 1 月上旬)をはさみますが、英語力の低下を避けるため、日本への帰国は認められておりません。

* スペシャル・サブジェクト:専門的な勉強で、その年により開講される科目は異なりますが、ビジネススタディ、歴史、社会学、数学、心理学など。

 img_tfp-course_04  img_tfp-course_06
 img_tfp-course_05  img_tfp-course_03

 

 Term 3 3月中旬~6月下旬を予定
今までに学んできたことの総まとめとなります。

アカデミック・イングリッシュに重点を置いたプログラムが継続され、更に難度の高い課題が与えられます。

タームの最後に最終試験が行われます。プログラム修了後クロージングセレモニーが行われます。

  img_tfp-term3_03
 img_tfp-term3_02  img_tfp-term3_01

*最長11 カ月滞在可能なビザを取得して、渡英します。

*英語力によっては、補習授業を受講していただく場合もございます(追加費用はかかりません)。

※資料請求・お問い合わせは、お電話・またはホームページ内の資料請求・お問い合わせフォームにて承っております。希望者には、試験問題のサンプル問題もお渡ししております。

大学別ファウンデーションコースの概要 (PDF)

 

修了生の就職実績

 

学生たちの声